筋トレ初心者のための参考記録

恋人と健康を同じタイミングで失い、心身の健康の大切さに気づき、筋トレを始めました!これから筋トレを始める人のための参考の記録をするとともに、自分の幸せ、つまり健康・人脈(友達や恋人)・お金・時間に関する記事を綴るブログ。

【スポンサーリンク】

肩の高さが違うあなたへ

どうも!センです!





さて、僕は普段、健康のために筋トレをしています。




その過程で、長年の悩みの種だった肩の高さの違いが徐々によくなっていることに気がつきました。







10年近く肩の高さの違いに悩んでいたので、これはとても嬉しかったですね...!



肩の高さが違うということは腕や体全体の使い方も違うということですから、



均等に体を動かしていない、ということなんですね。




そのままトレーニングを続けると、左右の筋肉の差がどんどん大きくなり、




肩の高さの違いも大きくなり、筋肉のつき方もアンバランスな体になっていたかもしれません...





恐ろしい!!!





肩というのは、腕を色々な方向に動かすために、とても繊細な構造になっています。




なので、重さを使った筋トレというよりも、器具も何も使わず、その場で出来るような体操を紹介したいと思います。









1.肩をすくめる


外国人の大げさなジェスチャーのように、肩をすくめて持ち上げてください。



肩






2.肩を下げる



肩をすくめて上がっている状態から、今度は思い切り下げてください。




ただ力を抜いて肩を元の高さに戻すのではなく、力を抜いた時より下がるように、下方向に肩を持っていくのです。








肩を上げる




肩を下げる





肩の高さが違う場合、同じ幅で上下の動きをするのが難しいと思います。





ですが、それを同じ高さにしようとすることで、筋肉を発達させて肩の高さを合わせるのです!




1セット10回、それを3セット行うといいでしょうね。





この運動のおまけとして、肩こりが改善されます!








肩の高さの違いで悩んでいる肩、試してみてくださいね!