筋トレ初心者のための参考記録

恋人と健康を同じタイミングで失い、心身の健康の大切さに気づき、筋トレを始めました!これから筋トレを始める人のための参考の記録をするとともに、自分の幸せ、つまり健康・人脈(友達や恋人)・お金・時間に関する記事を綴るブログ。

【スポンサーリンク】

ジム行けず、ムカついて腹筋背筋腕立て100回

どうも、センです

 

 

 

 

 

 

今日はムカついてます

 

 

 

 

 

 

なんでジム19時までなんやねん!!

 

 

 

 

 

GW?

 

 

 

 

 

 

 

祝日につき19時まで!?

 

 

 

 

 

 

こちとら仕事じゃ!!

 

 

 

 

 

 

定時で上がったのになんで間に合わないんだよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とジムの運営時間についてイラついているわけですが、

 

 

 

 

 

逆にジムの店員にとってはいいことだよね...

 

 

 

 

 

平日は23時までやってるもんね...

 

 

 

 

 

 

みんなお疲れだよね。

 

 

 

 

 

 

 

筋トレなんか自宅でもどこでも出来るよね。

 

 

 

 

 

 

 

ということで自宅で腹筋背筋腕立て、100回ずつやりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

23,4歳の頃はやたら体力が有り余ってたので日課として毎日やっていたのですが、

いつの間にかやらなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

そしてあの頃を思い出しつつ、ジムに行けずストレスも溜まっていたので

久しぶりにチャレンジしました。

 

 

 

 

 

メニューは基本的に

33,33,34回ずつ

 

 

 

出来るだけ姿勢維持を心がけますが、

最近はインナーマッスルを全く意識して鍛えていないません。

 

フォームが崩れてもOK、今日は効く効かないを気にせず数をこなしました。

 

 

 

 

 

 

 

・プッシュアップバーでの腕立て

 

プッシュアップバーを買った頃は10回も連続で出来なかったのに、

久しぶりにチャレンジすると余裕でこなせました。

 

ベンチ50kg挙げられるようになったのが、

こういう形でも数字で結果に現れるのが嬉しいですね!

 

 

 

 

・腹筋というよりも足上げてクランチ

 

普通の腹筋運動は胸と太ももが付くくらい上体を完全に起こしますが、

最近は腰がポキポキ鳴ってとても気になるので、

ベットに足を乗せてクランチを行いました。

 

 

 

 

 

 

・脊柱起立筋よりも広背筋

背筋運動では上体を起こすよりも、

肩甲骨と広背筋を気にして背中全体を締めるような動きを意識しました。

 

というのも、ラットプルダウンや懸垂をしていても広背筋の収縮が感じられず、

鍛えれれている感覚がなかったんです。

 

軽負荷で背中全体を動かすようにすることで、少しずつ動きが感じられるようになりました。

 

 

 

 

 

たまに別の刺激を与えることで、新鮮な気持ちで筋トレが出来ますね。

 

血流がいいのか、いつもより少し腹筋の調子が良さそうです!

 

 

 

 

f:id:sen-spring:20170503224604j:plain